最近耳にする「働き方改革」とは?企業はどのように対応すべきか

働き方改革という言葉をよく耳にしますが、企業側は今後どのような対策が必要になるのでしょうか。 政府が進めているのは、同一労働同一賃金であり、正社員と非正規社員の待遇の格差を少...

詳しくはこちら

一億総活躍社会とは?今後求められる企業の対応策

安倍政権が掲げる「一億総活躍社会」というスローガンを聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、企業に与える影響力に関しては見過ごされがちです。 ここでは、一億総活躍社...

詳しくはこちら

最近耳にする「同一労働同一賃金」とは?企業はどのように対応すべきか?

同一労働同一賃金という言葉は、もともとは男女間の格差を是正するために生まれた言葉ですが、最近ではむしろ正社員と非正規社員の賃金格差を是正するための制度として考えられています。 ...

詳しくはこちら

「有期契約労働者の雇用管理の改善に関するガイドライン」とは?企業側の注意点

派遣労働者や契約社員、パートタイマー、嘱託などの非正規労働者が若者世代にも増加している昨今、正社員との賃金や業務内容などの格差が広がらないよう是正が進められています。 ...

詳しくはこちら

「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」とは?企業側の注意点

平成26年に「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」が改正され、法律事務所などにも経営者としてどのように対処すればよいか分からないというご相談が寄せられるようになりま...

詳しくはこちら

「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」とは?企業が陥りがちな対応と正しい対応

これまで多くの企業で問題となってきたのが転勤に関するトラブルです。 住居や通勤、心労などを考慮せずに転勤を強制した結果、不満を持つ労働者が増えていきました。 そ...

詳しくはこちら

クーリング期間とは?改正労働者派遣法における2つの派遣期間,企業の陥りがちな対応と正しい対応

2015年に労働者派遣法が改正されたことで、企業や派遣労働者をめぐる環境が変化しました。 派遣労働者の待遇を改善し、キャリアアップや安定した就労を図ることが目的ですが...

詳しくはこちら

パタハラとは?企業が陥りがちな対応と正しい対応

男性の育児参加が注目される現代で、「パタハラ」という言葉が聞かれるようになりました。 多くの企業でパタハラが起こっている一方で、経営者が気付かないまま放置している可能性があり...

詳しくはこちら

マタハラ――企業が陥りがちな対応と正しい解決法・予防法

出産は喜ばしいものですが、仕事の面で考えると影響が出ることもあります。 ついつい会社がやってしまいがちな間違った対応とはどんなものでしょうか。正しい解決策と予防策について説明...

詳しくはこちら

ライフワークバランスとは?企業側のメリットデメリット注意点

近年よく耳にする「ライフワークバランス」とは、仕事と生活を調和させながら、従業員満足度を向上させるための活動です。 企業にとっては避けて通れない活動ですが、どのようなメリット...

詳しくはこちら

最近耳にするESとは?ESの調査方法,ESを高めるメリット,ESを高める方法

最近耳にする機会が多くなったESとは、「Employee Satisfaction」の略、つまり従業員満足度を指す言葉です。 企業の業績を上げるために最も重要といわれるCS「...

詳しくはこちら

勤務間インターバルとは?企業側のメリット,デメリット,注意点

政府による「働き方改革」が進められている中で、労働時間や休息時間の管理も、企業として徹底しなければならない時代になりました。 「勤務間インターバル制度」は、労働者が一定の休息...

詳しくはこちら

有効求人倍率,完全失業率とは?それぞれの意味,企業活動への影響,企業の対策

「有効求人倍率」「完全失業率」…経済に関するニュースを見ていると、この言葉を目にすることはよくあるでしょう。 どちらも企業の採用活動に大きく関わるものですが、その意味...

詳しくはこちら

人手不足ーー陥らないための予防法と陥った場合の解消法

景気の波は、良くなるときもあれば悪くなるときもあります。 多くの企業では、景気が良くなると人手が足りなくなりがちです。 景気が良くなると働く側の売り手市場になる傾向があ...

詳しくはこちら

在宅勤務,テレワーク――企業はどのように対応すべきか?

パソコンやインターネットを活用して業務を行うことで、決まった時間に決まった会社へ出社せずとも仕事ができるという制度が、在宅勤務やテレワークです。 ワークライフバランスの推進や...

詳しくはこちら

フレックスタイム制ーー導入すべきか?メリット,デメリット,注意点

フレックスタイム制を導入すべきか迷っている経営者の方もいるのではないでしょうか。 導入を検討する場合は、メリットとデメリットの両方を把握しておくことが大切です。 そこで...

詳しくはこちら

変形労働時間制ーー導入すべきか?種類,メリット,デメリット,注意点

業種や職種によっては、1カ月や1年の中で繁忙期が偏っており、一定期間に残業が増加してしまうというケースがあるでしょう。 そんな企業にとって生産率向上、コスト削減が見込...

詳しくはこちら

裁量労働制ー導入すべきか?種類,メリット,デメリット,注意点

働き方改革の促進により、ノー残業デーの取り入れや残業自体の是正などに取り組む企業が増えています。 働き方の見直しは残業時間だけに限る話ではありません。 労働時間...

詳しくはこちら

最低賃金制度,特定最低賃金とは?企業側の陥りがちな対応と正しい対応

最低賃金制度と特定最低賃金について正しく理解していますか。 最低賃金制度は都道府県ごとに違い、それ以下よりも少ない賃金を支払うと罰せられる可能性もあるのです。 さらに特...

詳しくはこちら

ダイバーシティ・マネジメント(企業における多様な人材活用)とは?企業側のメリット,デメリット,注意点

20世紀以降女性の社会進出が進み、また正規社員だけでなくパートやアルバイトなどの非正規社員の存在感が増すようになり、企業の中ではさまざまな働き方が容認されるようになってきました。 ...

詳しくはこちら

女性活躍推進法とは?何が変わる?企業の陥りがちな対応と正しい対応

企業を運営していくためには、把握しておかなければならない法律がいろいろあります。 女性活躍推進法もその一つです。 この法律によってどのような義務が課されているのか、企業...

詳しくはこちら

女性リーダー育成ーー企業側の陥りがちな対応と正しい対応

現在、多くの企業で女性リーダーを育成しようとする動きが見られます。 しかし、これまで女性リーダーを起用したことのない経営者にとっては、対応が難しいと感じるかもしれません。 ...

詳しくはこちら

男性の育児参加,育児休暇ー企業側の陥りがちな対応と正しい対応

男女平等の意識が高まるにつれて、男性の育児休暇制度についても改善の必要性が叫ばれるようになりました。 しかし、実際には育児休暇を取得する男性会社員はごく少数派です。 ...

詳しくはこちら

若者雇用促進法とは?企業の陥りがちな対応と正しい対応

若者の離職率の高さは、企業にとっても重要な関心事でしょう。 せっかく採用活動をして入社してもらった人に離職されてしまうと、時間的にも経済的にも損失となってしまいます。...

詳しくはこちら

職場のLGBT処遇ーー企業が陥りがちな対応と正しい対応

日本の企業でも、社内規定や研修内容を改めたり、LGBTやそのサポーターによるネットワークを形成したりといった改革が始まっています。 しかしまだまだ問題が残されているの...

詳しくはこちら

社会保険の適用拡大とは?501人以上の会社,500人以下の会社それぞれの対応策

2016年10月から、健康保険や厚生年金の加入対象が広がっています。 企業規模によっては、パートなど保険適用外だった人が改正によって適用対象となり、被保険者として保険...

詳しくはこちら

ワークシェアリングとは?企業はどのように対応すべきか?

経営者にとって経営難を迎えたときの資金調達は頭の痛い問題でしょう。 それと同じくらい悩ましいのが人材不足に陥ることです。このふたつの関係性を考え、上手に問題をクリアしましょう...

詳しくはこちら

受動喫煙防止対策とは?企業の陥りがちな対応と正しい対応

適切な受動喫煙対策をとることは、従業員が働きやすい環境を作る上でも大切なことです。 企業の取り組みに対して、国や自治体が支援策を設けていたりするのでうまく活用してみましょう。...

詳しくはこちら