景気の波は、良くなるときもあれば悪くなるときもあります。

多くの企業では、景気が良くなると人手が足りなくなりがちです。

景気が良くなると働く側の売り手市場になる傾向があります。

雇う側からすると景気が良くないときには、安定をもとめていたのに、売り手市場になったとたんにより良い条件を求めて辞めていく人が増えるのは理不尽な気がするでしょう。

しかし、人手不足が続くと企業が成り立たなくなる恐れがあるため、陥らないための予防と、陥ってしまった場合には解消することが大切になります。

確保した予算は従業員の待遇改善に!

景気の良い局面では、現状の人材を現状の予算では確保できないと認識する必要があります。

人材を確保するにはお金がかかります。

そのため、問題は景気が良くなったことで確保した予算をどこに使うかです。

人材確保に使う場合は、求人媒体・派遣や人材紹介の業者・社内の従業員があげられます。

この3つであれば、社内の従業員と答える雇用主は多いかもしれません。

しかし残念ながら、求人媒体や派遣業者に予算を費やしている企業が多くあります。

もったいないと思われる雇用主は、今こそ従業員の待遇改善に予算を費やしましょう。

それが、人材流出の予防になります。

従業員にこそ気配りを!

社内を見渡してイキイキと元気な職場になっているでしょうか?

従業員は、活気があってコミュニケーションも円滑でしょうか?

イキイキとした職場は、外部から見ても好感をもたれます。

物理的な環境を整えるには、どうしても資金が必要になりますが、心理的な環境を整えるのに資金は必要ありません。

従業員の心と身体への気配りが社内の活気につながっていきます。

円滑なコミュニケーションは、人材の流出の予防になりますし、求人活動も滞りなく進んでいくことが期待できます。

人手不足になってしまったら一考を!

事業の成長にあった人材確保は理想ですが、現実はなかなか思うようにいかないものです。

人手不足に陥っているなかで能力の高い人材を確保するのは容易ではなく、人材の育成にも時間がかかります。欲しいのは即戦力です。

そこで、IT化の現代にこそクラウドソーシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングサービスであれば、インターネット環境の中で能力の高い人材の能力だけを使うことができます。

技術や能力だけを利用することも、ネットを介して雇用することもできるので、人材不足解消のためにも試してみる価値はあるでしょう。

IT化の現代にはSNSという強力なツールも存在します。

SNSで魅力を発信している企業はまだ少ないかもしれません。

しかし、企業の人気は人材の確保と比例しますし、魅力は人気につながります。

また、従業員は意外と自分の働いている企業の魅力を知らないものですし、企業側も従業員に周知していない場合があります。

そのため、SNSによって魅力を発信することは、従業員のモチベーションアップにもつながります。SNSを最大限に利用して、人材確保に役立てましょう。

御社に向いているサービス

働き方改革と対応