このメールマガジンは,【経営者様】や【社労士様】向け労務その他の法律問題に関する有益な情報を配信します。

配信テーマ(例)

  • 新しい労働時間のガイドラインを知っていますか?
  • 改正個人情報保護法への対応は大丈夫ですか?
  • テレワーク導入に必要な対策とは?
  • 新判例に見る定年後再雇用制度の注意点

などなど・・

このようなメールマガジンが届きます!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
   弁護士法人ひいらぎ法律事務所
   オフィシャルメールマガジン
                20XX年XX月Xx日配信
 ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─ このメールマガジンは,過去に名刺交換等でメール

─ アドレスを頂戴した【経営者様】や【社労士様】向け

─ に労務その他の法律問題に関する有益な情報を配信します。

・・・

■ 特 集   ○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。

 経営者の皆さん,「定年後再雇用制度」はご存じですか?

 定年後再雇用制度とは,定年が65歳未満の場合,事業主が希望者

 全員を65歳まで継続雇用する制度の1つであり,高年齢者雇用

 安定法により認められています。

 そして,たいていの会社は,正社員が60歳の定年を迎えると,そ

 の後1年契約の更新を繰り返し,65歳まで雇っていることと思い

 ます。

 ところが,当事務所が経営者のご相談を受けていると,定年後再

 雇用が絡む労務問題が多いにもかかわらず,経営者の皆さんの定

 年後再雇用に対する関心が総じて低いことに気づきました。

 定年後再雇用が絡む労務問題とは,以下のようなものです(どれ

 も当事務所が過去に受けたご相談です。)。

 ・定年後再雇用の従業員が,わがもの顔で職場に居座り,年下の

 上司の指示に従わず,仕事もしない・・

 ・定年後再雇用した従業員が,だんだん働けなくなってきたの

 で,63歳の更新時に賃金を減額したところ,減額は無効と争わ

 れた・・

 ・定年後再雇用した従業員に,65歳以降もそのまま働いてもらっ

 ていたが,さすがにしんどそうなので,本人も納得のうえ退職し

 てもらったところ,後日,不当解雇と争われた・・

 こうしたご相談は,御社にも心当りはありませんか?

 そこで,今回は,定年後再雇用制度の落とし穴について,Q&A

 形式でお伝えしたいと思います。

 Q 定年後再雇用した従業員の勤務態度が悪いので,例えば63歳

 の更新時に契約を更新しないことはできるでしょうか?

 A 意外かもしれませんが,答えは(ほぼ)ノーです。

 労働契約法によれば,・・・

このように,経営者や社労士の皆さんが気になる話題を,労務に注力する当事務所弁護士がわかりやすく解説します!

下記入力フォームよりお申し込みください!

※本メールフォームに入力された個人・団体の情報は,当該相談の処理,統計資料作成,お客様への情報提供のためにのみ使用させていただきます。予めご了承ください。

※お知り合いの方にもご紹介いただけると幸いです。

※同業者の登録はご遠慮ください。

このような活用法も・・

本メールマガジンは,次のように活用されています。

  • 労務その他の最新お役立ち情報を3分間で手軽にチェック!
  • 経営層や人事・労務担当部署で回覧し,企業防衛に!
  • いざというときに見直して確認,必要に応じて問合せ!

活用法はさまざまです。ふるってご利用ください。

ご登録フォーム