財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

事案

Hさんは,当職に任意整理を依頼し,ある貸金業者に対し過払訴訟を起こし,勝訴判決が出て確定したのですが,その貸金業者は任意に過払金を支払ってきませんでした。そこで,強制執行をするため,その貸金業者の財産を調査しましたが,めぼしいものは見つかりませんでした。

問題点

債務者に財産を開示させるための財産開示手続という制度もありますが,開示しない場合の制裁が軽いため,当時,弁護士の間では効果的でないと考えられていました。

当事務所の対応

当職は,それでもやってみなければわからないと財産開示の申立てを行ったところ,財産開示期日の前に,その貸金業者から任意の支払いがあり,過払金のほぼ全額を回収することに成功しました。なお,財産開示手続の申立てにより過払金を回収できた例は他にもあります。

関連記事

  1. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  2. 他の相続人全員に相続放棄させて単独相続を実現し,不動産売却を…

  3. 遺留分を早期に回収したケース

  4. 過払金を身内への支払いに充てることができた解決事例

  5. 相続人全員のハンコがなくても被相続人の預金の払い戻しを受ける…

  6. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

PAGE TOP