夫婦が同時死亡した困難案件で遺産分割できた相続解決事例

ご相談

Xさん(●代,女性,自営)は,2人暮らしの弟さん夫婦がご自宅で2人とも死亡した状態で見つかったことから,弟さんの遺産(ご自宅など)の処理について困り,当事務所を訪れました。
弟さん夫婦は,どちらが先に亡くなったともいえず,同時死亡の扱いとなるため,弟さんの遺産は弟さんの妻側の遺族に相続されず,他方,弟さんの妻の遺産は弟さん側の遺族に相続されないことになり,まずはご自宅に残されたものが弟さんと弟さんの妻とのいずれの遺産であるかを確認する必要がありました。
また,弟さんは,前妻との間にお子さんが数名おり,利害関係が薄い彼らとの交渉が必要でした。さらに,弟さん名義のご自宅の売却も問題となりました。

当事務所の活動

そこで,当事務所は,弟さんの妻側の遺族と交渉し,ご自宅に残されたものが弟さんと妻とのいずれの遺産であるかを確定しました。
また,弟さんの前妻との間のお子さんと交渉し,相続放棄をしていただきました。
さらに,弟さん名義のご自宅を,当事務所と協力関係にある不動産会社様に買い取っていただきました

当事務所の活動の結果

その結果,Xさんは,無事ご兄弟と遺産分割することができました。Xさんは,ご自身では解決困難な遺産の処理ができ,大変喜んでおられました。

解決のポイント

本件は,通常の遺産分割事件と異なり,被相続人(亡くなった方)だけでなく同居の妻まで死亡していたため,遺産の把握に手間取りました。また,同時死亡扱いとなり,ご夫婦のいずれかの側に遺産が一本化せず,遺産の分別に手間取りました。
しかし,当事務所は,豊富な相続事件のノウハウを生かし,事件関係者との粘り強い交渉と,不動産会社様との協力により,困難な遺産分割を実現することができました。
遺産の処理にお困りの方は,お気軽に当事務所にご相談ください

関連記事

  1. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  2. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

  3. 店舗敷地内での事故につき不当な請求を阻止できた解決事例

  4. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  5. 追突によるムチ打ちの通院慰謝料を裁判基準と比べそん色ない金額…

  6. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

PAGE TOP