縁遠い先順位の相続人と交渉し,相続放棄させることができた解決事例

事案

Xさん(70代・女性・無職)は,近時死亡した弟の遺産分割を遺されたきょうだい間で行おうとしたところ,死亡した弟Yに養子Z(40代・女性・主婦)(注:相続においてきょうだいよりも先順位)がいることが判明したため,Zに相続放棄してもらいたいと考えましたが,どうしてよいかわからず,司法書士さんのご紹介により,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,Zの身元を調べたところ,Zは遠方に在住していたため,主に書面と電話にてZと交渉し,Yの遺産が換価しにくいものであることなどをお伝えし,Zに相続放棄を促しました。

当事務所の活動の結果

その結果,Zは,相続放棄の手続きを行ってくれました。Xさんは,Yの遺産整理ができると喜んでおられました。

解決のポイント

相続放棄に関する交渉は,司法書士さんには認められていません。本件では,当事務所が介入することにより,相手方に相続放棄してもらい,きょうだい間の遺産分割のおぜん立てをすることができました。

関連記事

  1. 家に住み続ける息子に家を明け渡してもらった解決事例

  2. 相続前に兄が取り込んだ父のお金を取り戻すことができた解決事例…

  3. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  4. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  5. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

  6. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

PAGE TOP