過払金を身内への支払いに充てることができた解決事例

事案

Fさんは,かつての借金返済による過払金の回収を当職に依頼しました。

問題点

ただFさんは,生活保護を受けているため,生活保護当局から,回収後の過払金を生活保護法に基づき返還するよう求められていました。

当事務所の対応

当職は,Fさんがこれまで親族から「借金」として金銭援助を受けていたことに着目し,Fさんの親族に債権調査票を送るなどしてFさんの債務を確認し,回収した過払金を親族に返還することで,生活保護法に基づく返還を免れることができました。

たしかに過払金を生活保護当局に返還するのも親族に返還するのもFさんの手元に金銭が残らないのは同じですが,親族に返還することにより,Fさんは,親族の信頼を取り戻すことができ,喜んでおられました。

関連記事

  1. 相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

  2. “分割払いで分割払い”したケース

  3. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  4. 夫婦が同時死亡した困難案件で遺産分割できた相続解決事例

  5. 前妻の子らから受けた遺留分減殺請求について後妻が示談できた解…

  6. 税理士事務所様と連携し売掛金(顧問料)回収を実現した解決事例…

PAGE TOP