遺留分を早期に回収したケース

事案

高齢のLさんは,別居中の夫が亡くなり,お金には執着はなかったものの,夫の前妻の子の態度が失礼であると考え,当職に遺留分減殺請求を依頼しました。

問題点

当事者間に感情的な対立があり,弁護士が間を取り持つ必要がありました。

当事務所の対応

そこで,当職が事件を受任し,感情的な対立がボタンの掛け違いにすぎないことを相手方に説明し,誤解を解くことで,相手方から遺留分の満額に相当する金銭の支払いを受けることができました。

関連記事

  1. 税理士事務所様と連携し売掛金(顧問料)回収を実現した解決事例…

  2. 追突によるムチ打ちの通院慰謝料を裁判基準と比べそん色ない金額…

  3. 訴訟で高額の休業損害と逸失利益を認めさせた解決事例

  4. 相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

  5. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

  6. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

PAGE TOP