遺留分を早期に回収したケース

事案

高齢のLさんは,別居中の夫が亡くなり,お金には執着はなかったものの,夫の前妻の子の態度が失礼であると考え,当職に遺留分減殺請求を依頼しました。

問題点

当事者間に感情的な対立があり,弁護士が間を取り持つ必要がありました。

当事務所の対応

そこで,当職が事件を受任し,感情的な対立がボタンの掛け違いにすぎないことを相手方に説明し,誤解を解くことで,相手方から遺留分の満額に相当する金銭の支払いを受けることができました。

関連記事

  1. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  2. 家に住み続ける息子に家を明け渡してもらった解決事例

  3. 後日のトラブルを防止するため,限られた時間内で,共同経営者の…

  4. 亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事…

  5. 税理士事務所様と連携し売掛金(顧問料)回収を実現した解決事例…

  6. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

PAGE TOP