相続前に兄が取り込んだ父のお金を取り戻すことができた解決事例

事案

Xさん(50代・女性・無職)は,兄Y(60代・男性・無職)が父の生前に父名義の預金を父に無断で引き出すとともに,父に兄が相続するとの遺言を作らせ,父の死後,父の財産を独り占めしようとしたため,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,Yらに遺留分減殺請求するとともに,Yが取り込んだ預金について,Yと銀行を被告として提訴しました(同時審判申出訴訟)。

当事務所の結果

その結果,Xさんは,Y及び銀行との間で,訴訟上の和解を交わし,Yの取り込んだ父の財産を取り戻すことに成功しました。

解決のポイント

財産を持っている方が亡くなる前に,親族がその財産を取り込むことは,よく見られます。
当事務所は,財産を取り込んだ親族と銀行のいずれも被告として提訴することで,確実に財産を取り戻すことができました。

関連記事

  1. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  2. 相続人全員のハンコがなくても被相続人の預金の払い戻しを受ける…

  3. 他の相続人全員に相続放棄させて単独相続を実現し,不動産売却を…

  4. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  5. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  6. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

PAGE TOP