訴訟で高額の休業損害と逸失利益を認めさせた解決事例

解決事例

Xさんは,昼間と夜で,仕事を掛け持ちしていましたが,原動機付自転車を運転中,自動車の事故に遭い,足にしつこい疼痛という後遺障害が残りました。Xさんの治療は続いていましたが,保険会社は,治療を打切り,債務不存在確認訴訟を提起してきたため,Xさんは当職にご依頼となりました。当職は,Xさん側から反訴を提起して争った結果,仕事の掛け持ちを前提に,高額の休業損害と逸失利益を内容とする和解をすることができました。Xさんは,とても喜んでおられました。

関連記事

  1. 前妻の子らから受けた遺留分減殺請求について後妻が示談できた解…

  2. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

  3. 遺言無効を主張を封ずるなどして,請求額を800万円以上減額で…

  4. 後日のトラブルを防止するため,限られた時間内で,共同経営者の…

  5. 遺留分を早期に回収したケース

  6. 亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事…

PAGE TOP