訴訟で高額の休業損害と逸失利益を認めさせた解決事例

解決事例

Xさんは、昼間と夜で、仕事を掛け持ちしていましたが、原動機付自転車を運転中、自動車の事故に遭い、足にしつこい疼痛という後遺障害が残りました。Xさんの治療は続いていましたが、保険会社は、治療を打切り、債務不存在確認訴訟を提起してきたため、Xさんは当職にご依頼となりました。当職は、Xさん側から反訴を提起して争った結果、仕事の掛け持ちを前提に、高額の休業損害と逸失利益を内容とする和解をすることができました。Xさんは、とても喜んでおられました。

>

お気軽にお問い合わせください。



ふりかかったトラブルはしんどいものです。

当事務所は開所して10年以上。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-9933