“分割払いで分割払い”したケース

事案

Gさんは,信販会社の立替払いを利用して商品の購入を繰り返し,しかも購入した商品を友人に横流ししていましたが,そのうち信販会社への支払いに窮するようになりました。

問題点

多額の商品横流しのケースのため,破産免責は難しい状態でした。かといって,Gさんは収入が乏しいため,通常の任意整理や個人再生も難しい状態でした。

当事務所の対応

そこで当職は,本件について責任の一端があるGさんの友人に定期収入があることに着目し,Gさんの友人がGさんに金銭を分割払いし,Gさんはその割賦金に若干の上乗せをして信販会社に分割払いするという形で,Gさんの債務を整理することができました。

関連記事

  1. 亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事…

  2. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  3. 他の相続人全員に相続放棄させて単独相続を実現し,不動産売却を…

  4. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

  5. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  6. 過払金を身内への支払いに充てることができた解決事例

PAGE TOP