店舗敷地内での事故につき不当な請求を阻止できた解決事例

事案

X男さんは,長男であるY男さんがある店の敷地内でショッピングカートを,前にいたZ女に当てたとして,Z女からたびたび治療費等の請求を受けたため,今後も請求がエスカレートするのではないかと心配になり,当事務所にご相談においでになりました。

当事務所の対応

当事務所は,「この事故は本当にY男に責任があるのだろうか。」との思いから,X男さん,Y男さんの立会いのもと,周到な現地調査を行い,事故当時Y男さんのカートが止まっていたことを確認しました。そこで,Z女との間で,ゼロ和解を試みましたが,Z女がこれに応じないため,債務不存在確認訴訟を提起し,勝訴することができました。
X男さんは,責任がないことがはっきりして,とても喜んでおられました。

関連記事

  1. 追突によるムチ打ちの通院慰謝料を裁判基準と比べそん色ない金額…

  2. 相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

  3. 過払金を身内への支払いに充てることができた解決事例

  4. 亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事…

  5. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  6. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

PAGE TOP