店舗敷地内での事故につき不当な請求を阻止できた解決事例

事案

X男さんは,長男であるY男さんがある店の敷地内でショッピングカートを,前にいたZ女に当てたとして,Z女からたびたび治療費等の請求を受けたため,今後も請求がエスカレートするのではないかと心配になり,当事務所にご相談においでになりました。

当事務所の対応

当事務所は,「この事故は本当にY男に責任があるのだろうか。」との思いから,X男さん,Y男さんの立会いのもと,周到な現地調査を行い,事故当時Y男さんのカートが止まっていたことを確認しました。そこで,Z女との間で,ゼロ和解を試みましたが,Z女がこれに応じないため,債務不存在確認訴訟を提起し,勝訴することができました。
X男さんは,責任がないことがはっきりして,とても喜んでおられました。

関連記事

  1. 遺言無効を主張を封ずるなどして,請求額を800万円以上減額で…

  2. 税理士事務所様と連携し売掛金(顧問料)回収を実現した解決事例…

  3. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

  4. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  5. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  6. “分割払いで分割払い”したケース

PAGE TOP