四輪自動車間の追突交通事故で、後遺障害等級は非該当も、傷害慰謝料を倍増して示談することができた解決事例

ご相談

四輪自動車でバイパスを走行中のXさん(30代、男性、会社員)は、同じく四輪自動車を運転するY(20代、男性、会社員)が背後から追突した交通事故により、むち打ち症状等に見舞われたものの、仕事が忙しいため、まめに通院できずにいたところ、Yの任意保険会社の担当者Aより低額の示談案を提示されたため、Aと交渉を続けたものの、Aの事務的な対応に業を煮やし、当事務所を訪れました。
当事務所は、弁護士が介入すれば、示談においても賠償金額の増額が期待できること、通院日数が少ないものの、もし後遺障害等級の認定を受けることができれば、賠償金をもっと増額できることをご説明しました。
ただ、Xさんは、ご自身が加入する任意保険において弁護士特約を付けておらず、弁護士費用が自己負担となるため、それ以上に賠償金額を増額できるか微妙な本件において、弁護士に依頼するかどうかとても悩んでおられましたが、最終的に、「気が済むまでやったら。」との奥様の一声で、当事務所にご依頼されました。

当事務所の対応

当事務所は、必要資料を取り寄せのうえ、Yの自賠責保険会社に対し、被害者請求を行いましたが、残念ながら、後遺障害等級は非該当でした。Xさんは、異議申立てを希望しないとのことでした。

当事務所の対応の結果

当事務所は、後遺障害等級が非該当のまま、Aと交渉を行いましたが、それでも、傷害慰謝料をほぼ倍増させて示談を成立させることができました。Xさんは、大きな増額はできなかったものの、ご自身が気の済むまで手続を行い、ある程度の増額ができたので、すっきりとしたご様子でした。

解決のポイント

交通事故の賠償金は、弁護士が介入するだけで増額が期待でき、さらに、後遺障害等級が認定されれば、賠償額をもっと増額できます。交通事故の賠償金について悩んでおられる方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

>

お気軽にお問い合わせください。



ふりかかったトラブルはしんどいものです。

当事務所は開所して10年以上。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-9933