前妻の子らから受けた遺留分減殺請求について後妻が示談できた解決事例

ご相談

Xさん(70代・女性・無職)は,亡くなったご主人の遺産を公正証書遺言に基づき相続しましたが,相続手続き後,ご主人の前妻の長男Y(40代・男性・会社員)らから内容証明郵便にて遺留分減殺請求を受け,さらに,遺言の無効もほのめかされたため,ご自身ではとうてい対応できないと思い,当事務所に交渉を依頼されました。

当事務所の活動

当事務所は,Yを事務所に呼び,Yと腹を割って話すことで,Xへの不信感をできる限り除去した上で,遺言は有効であることを十分説明しつつ,遺留分については返還すると伝えました。

当事務所の活動の結果

その結果,当事務所は,Yらとの間で,遺留分を返還し,それ以外に債権債務なしとする示談をまとめることができました。
相続争いでは,疎遠な親族間の不信感が解決の障害となります。当事務所は,相手方親族と腹を割って十分話し合うことで,不信感をできる限り除去し,示談をまとめることができました。

関連記事

  1. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  2. 追突によるムチ打ちの通院慰謝料を裁判基準と比べそん色ない金額…

  3. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

  4. 遺言無効を主張を封ずるなどして,請求額を800万円以上減額で…

  5. 後日のトラブルを防止するため,限られた時間内で,共同経営者の…

  6. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

PAGE TOP