税理士事務所様と連携し売掛金(顧問料)回収を実現した解決事例

事案

Xさん(80代・男性・専門職)は,Y社が長年にわたり顧問料を支払ってくれなかったため,顧問料を回収するため,当事務所を訪れました。源泉所得税の取り扱いに関する問題がありました。

当事務所の活動・結果

当事務所は,協力関係にある税理士事務所様に源泉所得税の取り扱いについて相談しつつ,Y社との間で,分割払いの合意をまとめ,不払いに備え,即決和解を申し立て,強制執行可能な和解を成立させました。

解決のポイント

当事務所は,税理士事務所様など各種専門家とのネットワークを生かし,本件において,税理士事務所様に相談しつつ適切な事件処理を行うことができました。
このように,当事務所は,ご離婚以外の分野においても全力を尽くす所存です。

関連記事

  1. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  2. 知人への貸付金を,知人の資力を踏まえ,できる限り回収できた解…

  3. 相続人全員のハンコがなくても被相続人の預金の払い戻しを受ける…

  4. 縁遠い先順位の相続人と交渉し,相続放棄させることができた解決…

  5. “分割払いで分割払い”したケース

  6. 後日のトラブルを防止するため,限られた時間内で,共同経営者の…

PAGE TOP