契約書の作成・チェック

  • 取引先から提示された契約書に調印してしまってよいだろうか・・
  • 事前に約束していた内容と違う条件の契約を申し込まれている
  • 明らかに不利な条件で契約をしてしまったが,条件の修正はできないだろうか・・

企業社会において,基本契約書取引契約書などの契約書は重要な役割を果たしています。

ただ,契約書は,ひとたび調印してしまうと,その有利不利に関わらず,原則としてその内容に拘束されますので,その内容や影響をよく理解した上で調印することが大切です。

ただ,本来,後日の紛争を避けるために契約書を作成しますが,実際には,条項や文章の作り方の巧拙によって,解釈に疑義が生じ,かえって後日の紛争に発展することがあります。

万一訴訟になった場合,きちんとした契約書を交わしておかなかったがために,多額の賠償金の支払いを命じられることすらあります。

この点,契約書の調印前に,弁護士が契約書の作成やチェックを行えば,後日のトラブルを防止できます。

また,契約書調印後,万一トラブルが生じても,契約書をチェックした弁護士がトラブルに対応することができれば,スムーズです。

当事務所では,業種・規模問わず,企業様の契約書の作成やチェックのご依頼を受けております。

契約書の作成やチェックが必要とお感じの場合は,お気軽に当事務所にご相談下さい。

もちろん,顧問契約を締結いただいている場合は,簡単な契約書チェックは顧問料に含まれるものとして対応させていただきますので,契約書チェックを含め,顧問サービスをご希望の場合は,顧問契約の締結をお勧めします。 ⇒顧問についてはこちら

PAGE TOP