顧問先の声 | 株式会社 恵比寿様

本当に頼れる,相談できる場所というのは経営者には絶対必要です!

小野様:株式会社恵比寿代表取締役小野慎太郎様
増田:弁護士法人ひいらぎ法律事務所代表弁護士増田浩之

御社の事業内容を教えてください

小野様:今は不動産だけになります。先生にお会いする前は訪問看護の事業所と居宅介護支援所の2つ持っていまして,途中から不動産が入り,その後に居宅を閉鎖して,最近,訪問看護を事業譲渡し,不動産一本になりました。

増田:華麗なる転身ですよね。

小野様:いえいえ,人が定着しないだけで。

増田:やっぱり労務の問題は難しいですね。主に人の問題でご苦労されたという感じですね。

小野様:そうですね,経営自体は,労務以外では,全然問題はなかったので。

当事務所にご相談しようと思ったきっかけを教えてください

小野様:あのとき,インターネットで弁護士さんを探していると,経営者側の先生っていらっしゃらなくて,ホームページで経営者側に立ちますっていう風に姫路の中で記載があったのは,先生のところだけでした。どうしても労働者側には弁護士さんは多いんですけども。

増田:顧問について書かれたページを用意していたかと思うんですが,それを見ていただいたんですね。ただ,実際ネットで見ただけですから,おいでいただいた時の感じによっては,もしかすると,ということもあるかと思うんですけど,ありがたいことに当事務所に決めていただいたんですよね。

(顧問についてのページはこちら)

実際に当事務所にご相談されたときの印象はいかがでしたか?

小野様:先生に顧問になっていただくまで,弁護士さんに会う機会は少なかったのですが,弁護士さんの中に,ちょっと昔のタイプの弁護士さん,上から,こう,圧迫じゃないですけど,という感じのイメージがあって,敷居も高かったんですけど,そういった部分が増田先生はなかったので。一番最初にアポイント取っていただくときも,先生の方から私の方にお電話いただいて,そこで少し相談内容を聞いていただいて,日時を決めるときも,本当に物腰が柔らかいというか,本当に話やすくて。

増田:ありがとうございます。私もそれはそっくりそのまま小野社長の方にお返したいくらいです。非常に紳士的に接していただいて,正直お困りのときも結構あったと思うんですが,そうした時も,すごく落ち着いて対応しておられて,こちらとしては,むしろ学ぶようなところがありました。

小野様:いえいえ,全然落ち着いてはないんです(笑)。

増田:当事務所にとって,御社は初期の顧問先さんなんですね。以前は離婚など個人案件が多かったんですが,だんだん企業法務が増えていた中で,御社もひとつ印象深い事業所さんだったので,今回は来させていただいたんです。

数ある法律事務所の中で当事務所を選んでいただいた決め手は何ですか?

増田:当事務所ですぐに顧問に,みたいな話でしたね。たしか,労務問題もちょっとあって。

小野様:その件の前にも,ちょっと労務問題でもめたのがあったんですが,やっぱり普段からご相談している流れがないと,何かあったときに,「ここだけお願いします。」と言っても,わかっていただけないというか,反対に,私自身を見ていただかないと,本当にこちらサイドに付いてくれるのかっていう部分があったので。

増田:たしかにスポットだと,その場でパパッとやって終わりとかありうると思うんですが,以前そうしたご経験があって,普段から見ていてもらうのがいいと感じたのですか?

小野様:そうですね。

増田:それで来ていただいたってとこがあるんですね。では,以前労務問題でもめた件の前にも,ちょっと嫌なことがあって,顧問弁護士としてうちを選んでいただいたのですね。やはり普段から見てもらわないといけないとの思いがあったということでしょうか?

小野様:そうですね,本当そこが大きいですね。経営者側に立っていただき,悪いところというか,私たちができていないところは指摘していただいて。ただ,絶対こうしないといけない,というのではなく,提案していただいて,選択肢はこちらに投げていただいて,その後何かあったらまた動いていただく,というスタンスはありがたいと思います。ただ,そうしたスタンスというのは,前の弁護士の先生にお世話になったときは,そういうスタンスはなくてですね・・

増田:え?以前,他の弁護士にご依頼になったんでしたっけ。

小野様:顧問ではなくてスポットで・・

増田:そうでしたか。その話は初耳でした。でもそういうことですか。では,その先生に顧問弁護士を頼むのではなく,当事務所を選んでいただいたということですね。ありがとうございます。

ふだん当事務所をどのように利用いただいていますか?

小野様:何か問題が起きそうかなって自分の中で思ったときにご相談をさせていただいたり,今回の事業譲渡についても,契約書っていうのがやっぱり不慣れな部分があるので,文言一つでこう取り方が変わってきたりしますので,この度も契約書見ていただいて,注意書きって言うんですかね,説明もしていただいて,すごく助かりました。

増田:難しいところなんですよね。交渉事なので,あまりこちらが強く言うと話が壊れてしまったりしますし。そうならないよう気を付けています。最終的には社長のご判断にはなりますが,先方にどこまで強くおっしゃるかというところなんですけど,あのときはどのような形でご主張を取捨選択されましたか?私が指摘した問題を,これが問題だと全部言ってしまうと話が壊れてしますと思うんですが。

小野様:基本的に先生に指摘していただいたことの中で,こちらの許容できる部分に関してはいいかなと譲歩しようかなというところかと思います。交渉のテーブルについた際に,私の方は増田先生に見ていただいて,事業譲渡先もそこの顧問の先生に見ていただきました。

増田:当事務所では,問題点を指摘しつつ,その通りにしなければ何か問題が起こっても知らない,という感じにはならないようにしています。それぞれの社長のご判断があるので。困った時にはやはり助けてもらいたいわけですしね。

これまで具体的にはどのようなご相談をされましたか?

増田:今回これまでの社長とのやり取りを振り返ってみたんですが,最初は労務問題がありましたね。

小野様:そうですね,そこからだったと思います。

増田:うちがお役にたてたというところはどんな所でしょうか?労基署の話とか,診断書の話とかねありましたね。解雇も問題となりました・・

小野様:そのときは,私の中で大丈夫だろうという線があって,それを事に起こそうと思ったんですけど。ただ,先生に聞くと,うつに関してドクターの方が診断してたら,そういった部分は多分問題にできないんじゃないかっていうことだったんで,そこは触れなかったんですが,結果的に良かったと思います。

増田:そこは社長としては,「どうなんや?」っておっしゃりたい所ではありますよね。私としても,いわば中小企業の社長なので,社長がこうおっしゃりたいんやなって思う気持ちはわかるんです。ただ,これを言ってしまうと,かえって社長が大変なことになるというところもあって,申し上げたんですね。

小野様:でも,そういう風に,第三者っていうんですかね,外から見ていただいた中での指示,補足をいただいたり,アドバイスをいただいたりという機会がそれまでなかったので,助かりました。会社は,本来なら社長がいて,下の2人がいてっていう形で,その下にまたいるって形になるんでしょうけれども,そういった形式をうちはとれてなかったので・・

増田:まあみなさん,どこの会社さんもそうで,わりとやはり,社長は創業してすごく頑張っておられて,それ以外はその他大勢ってなりやすいところなんですよ・・。
また別件で,場所を移るかもしれない,という話がありましたね。不動産入居を検討された際は,色々お悩みになっておられたと思うんですけど。

小野様:デイサービスをしようと思ってたんですけど,根本には労務問題がありました。訪問看護をしてると,従業員がみんないろんなところに行くので。その点,デイサービスはひとつの屋根の下で,それぞれ動きがみやすいということで,労務を解決できればと思い・・

増田:それで物件を探しておられたんですよね。あのときは,契約書に御社に不利な中身が入っていたんですよね。たしか,ずっと続けなあかん,みたいな。それは,こういう問題があるんじゃないですか,とお伝えしたように覚えています。そういうのも考えて,取りやめになったんですよね。もしあちらの物件を借りてたら,現在デイサービスも大きくやっておられたんでしょうか?

小野様:そうですね。不動産をもともとしようと思ったのも,介護訪問してる中で,精神科の利用者さんが帰る場所が少なくてですね。そういった部分でアパートを一棟買いできて,そこで利用者さんが入ってこれるとなればと考えました。日によっては,あっち行ったりこっち行ったり,1日に100キロ走ることもあったので,それがないようにできたらなと思いました。

増田:けっこう良いサービスですよね。セットでできて,良いチャンスではあったということですね。ただ,ちょっと場所の問題とかありましたね。
また別件で,駐車場の問題とかもありましたね。

小野様:懐かしいですね(笑)。

増田:懐かしいって言ってもらえたら。もし「今も悩んでます・・」と言われると,こっちも心配になるんですが(笑)。

小野様:途中でこう自分の中でも変換していったというか,駐車場を借りてるんだから,うちだけで本来は使えばいいんでしょうけど,自分たちが使ってない時に,土曜日や日曜日に車を置いてるんだったら目をつぶろうということで・・

増田:ロープを張ったんでしたっけ?

小野様:カラーコーンを置きました。

増田:効果はありましたか?

小野様:効果ありました。

増田:うちの事務所もカラーコーンを置いてますよ。少しでもアドバイスがお役に立てばよかったと思います。
また別件で,労基署がらみがありましたね。これが一番お悩みやったんですかね。斡旋まで行く感じになって。あのときは,たしか当事務所がご紹介した社労士の先生が対応して終わったんでしたね。

小野様:そうでしたね。

ご利用いただいてのご感想をお聞かせください

増田:こうして,色々あったということで,私も振り返ってみて,1つの事業所さんの中でも悩みが尽きないんだなと改めて思いました。そうしたときに顧問弁護士がいて,多少は心の支えになりましたでしょうか?

小野様:多少どころか,すごく頼りになりました。顧問弁護士を付けるときに,まだ小さい会社だったので,そんなたいそうな,と思ってたんですが,顧問弁護士の先生がいらっしゃるというのは本当に心強いので。

増田:ちなみにどういうところが心強いと感じていただいてますか?

小野様:相談できる場所がまずあるというのと,あと専門性があるというのと,自分が迷った時に助言をしていただけるので,そういった部分で方向性が決めやすいですね。

増田:社長が最終的にご判断なさるので,その判断の材料をできる限り提供しようと思っています。ただ,それと同時に,当事務所としてはこれがおすすめですよということもお伝えすることにしています。どれでもどうぞ,とお伝えしたら,社長もお悩みになられるので。

契約前には気づかなかったメリットがあれば教えてください

小野様:冒頭にお伝えしたとおり,みなさん腰が低い。なので,こちらの方も連絡しやすいですし,先生の方からも,私のほうから連絡がなかったら,「1か月経ちましたけどどうですか?」っていうご連絡をいただいたりするので,放っておかれてる感じは全然ありません。

増田:当事務所は時折顧問先をご訪問するのですが,事業所にご訪問するというのは,社長がお忙しいので,ご迷惑かなって思ったりもするんですが,どうですか?

小野様:全然そんなことはないです。正直やっぱり見ていただいて,足を先生に運んでいただく方が,より現実味の相談にも乗ってもらいやすいのかなと思います。

増田:そうですね。私も今日御社にお邪魔して,書類の山を見て,まだ介護事業の後処理が結構大変なのだと分かりました。

御社にとって当事務所はどのような存在ですか?

小野様:今となっては,本当なくてはならない存在になってます。

増田:ありがとうございます。

小野様:本当に頼れる,相談できる場所というのは経営者には絶対必要ですし,かといって誰にでも相談できることではないので。

増田:経営者の皆さんは,やはり孤独な戦いになりやすいですよね。

顧問契約を検討している他の企業の方々に向けてメッセージをお願いします

小野様:繰り返しにはなりますが,労務問題に関していうと,特に何かが起きたときに相談するよりは,事前に相談していった方が,何かが起きない,有事のときではなく有事をおこさずに済みます。また,労務に限らず相談できる環境というのも作っておかないと。会社が小さい大きい関係なく必要になるように思います。

増田:本日はお時間をいただきありがとうございました。御社のご発展をお祈りいたします。今後ともお気軽にご相談ください。

企業概要

商号:株式会社恵比寿
代表取締役:小野 慎太郎
本店:兵庫県姫路市仁豊野179番地12
事業内容:宅地建物取引業,不動産の賃貸,管理及び不動産に関するコンサルティングなど
ホームページ:株式会社恵比寿様のページ
(一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会のサイト内)