1.経営者側の労務問題に注力、ノウハウを蓄積

img03解雇や未払残業代などの労務・労働問題は、対応を誤りこじらせると、数百万から数千万円もの多額の負担が生じ、ブラック企業とのレッテルを張られるだけでなく、その間ずっと経営者の皆さんの手と心が煩わされるなど、御社に深刻なダメージを与えます。

このように、労務・労働問題は、経営者にとって最大のリスクであり、弁護士による専門的な対応が必要です。

この点、当事務所は、個人から法人まで累計2950件超の相談実績を有する弁護士法人であり、近時、労務の相談が急増していることから、とくに労務・労働問題に注力しておりますので、労務・労働問題をお任せいただければ、経営者の皆さんは、貴重な時間を経営に専念することが可能です。
※2020年4月1日現在の全分野の累計相談実績。

2.日ごろから御社のご相談に乗り、御社の最大のリスクである労務問題を予防

img06-2-1労務・労働問題は、従業員がいるすべての会社に生じるおそれがあります。

御社において、いまだ労務・労働問題が生じていない場合でも、たまたま運がよかったに過ぎないかもしれません。

そこで、労務問題を未然に防止するため、会社の就業規則や労働契約、勤怠管理などに労務管理上の問題がないか点検し、もしそうした問題が見つかった場合は、解決する必要があります。

この点、当事務所は、日ごろから御社のご相談に乗り、御社の実情や法改正に合わせ、御社の就業規則や労働契約、勤怠管理などを見直すなどして、御社の最大のリスクである労務問題を予防します。

もちろん、労務以外のご相談にも対応します。

3.万一の場合にも、団体交渉や裁判に対応するので安心

労務・労働問題の専門家としては、弁護士以外の他士業・他業種も存在します。

ただ、他士業・他業種は、それぞれの分野のプロではありますが、団体交渉や労働審判、訴訟には対応できません。

この点、当事務所は、弁護士事務所ですので、一切の法律事務の代理権が認められており、労務に関するあらゆる法的問題に対応が可能ですので、団体交渉や労働審判、訴訟にも対応可能です。

ですので、万一の場合にも安心です。

4.経営者側弁護士のパイオニア・東京の向井蘭弁護士が強力バックアップ

労務・労働問題は、日本全国で日々新たな裁判例が生まれ、新たな議論がなされておりますので、そうした先端の知見を常に収集することは重要です。

この点、当事務所は、日々ご相談を受ける労務・労働問題から情報収集を行うだけでなく、経営者・使用者側弁護士のパイオニアとして数多くの執筆や講演を行う弁護士向井蘭先生を擁する東京・杜若経営法律事務所から強力にバックアップを受けております。

そして、同事務所から、姫路よりもシビアな東京の労働問題に関する先端的なノウハウを吸収しておりますので、労働問題に関するさまざまな事態にしっかり対応することが可能です。

5 税理士、社労士など各種専門家とネットワーク

img06当事務所は、税理士、社労士など各種専門家と交流があり、情報交換したり、事件を紹介しあったりております。

当事務所は、御社の必要に応じ、そうした専門家を紹介したり、協力を仰ぐなどして、経営者の労務その他の問題に対応することが可能です。