家に住み続ける息子に家を明け渡してもらった解決事例

ご相談

Xさん(70代・男性・無職)は,Y(30代・男性・会社員)がXさん所有の家に住み続けていることから,Yに言えを明け渡してもらいたいと考え,当事務所に依頼しました。

当事務所の活動

当事務所は,本件が実質的にはデリケートな親族争いであることに鑑み,XさんもYもそれ以上気分を害さないように配慮しつつ,Yと交渉を重ねた結果,受任後わずか2か月足らずで,Yが負担していた固定資産税の精算を条件に,家の明渡に応じてもらう合意を取り付けることができました。

解決のポイント

ご親族間の争いは,泥沼化しやすいため,双方できる限り気分を害さないように配慮することが肝心です。当事務所は,右配慮を徹底した結果,早期に話し合いで紛争を解決することができました。

関連記事

  1. 前妻の子らから受けた遺留分減殺請求について後妻が示談できた解…

  2. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  3. 交通事故で,医師に新たな後遺障害診断書を作成していただき,異…

  4. 相続人全員のハンコがなくても被相続人の預金の払い戻しを受ける…

  5. “分割払いで分割払い”したケース

  6. 追突によるムチ打ちの通院慰謝料を裁判基準と比べそん色ない金額…

PAGE TOP