相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

兵庫・姫路で相続前の財産取り込みを解消

事案

高齢のKさんは,認知症が進んだため,後見が開始されました。成年後見人の職務を行うこととなった当職が調査すると,Kさんの親族が,Kさんに無断で,Kさんの銀行預金数千万円を引き出していることが判明しました。

問題点

この場合,Kさんの親族も悪いですが,払い戻しに応じた銀行の対応にも問題があるかもしれません。そこで,取り込まれた数千万円をどちらに請求するのかが問題です。また,Kさんの親族は,お金をすでにどこかに隠したり,使ったりしているかもしれませんでした。

当事務所の対応

当職は,銀行とKさんの甥の両方を被告として訴訟を提起し,結局,Kさんの親族から,取り込まれた数千万円全額を回収することができました。

関連記事

  1. 兵庫・姫路で過払い金について相談

    過払金を身内への支払いに充てることができた解決事例

  2. 兵庫・姫路で休業損害と逸失利益の相談

    訴訟で高額の休業損害と逸失利益を認めさせた解決事例

  3. 兵庫・姫路で遺産分割の相談

    夫婦が同時死亡した困難案件で遺産分割できた相続解決事例

  4. 従業員の不祥事により多大な損害を被った会社が従業員と合意した…

  5. 兵庫・姫路で共同経営者独立時の契約書の作成

    後日のトラブルを防止するため,限られた時間内で,共同経営者の…

  6. 兵庫・姫路で相続前の金銭問題を解決

    相続前に兄が取り込んだ父のお金を取り戻すことができた解決事例…

PAGE TOP