相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

事案

高齢のKさんは,認知症が進んだため,後見が開始されました。成年後見人の職務を行うこととなった当職が調査すると,Kさんの親族が,Kさんに無断で,Kさんの銀行預金数千万円を引き出していることが判明しました。

問題点

この場合,Kさんの親族も悪いですが,払い戻しに応じた銀行の対応にも問題があるかもしれません。そこで,取り込まれた数千万円をどちらに請求するのかが問題です。また,Kさんの親族は,お金をすでにどこかに隠したり,使ったりしているかもしれませんでした。

当事務所の対応

当職は,銀行とKさんの甥の両方を被告として訴訟を提起し,結局,Kさんの親族から,取り込まれた数千万円全額を回収することができました。

関連記事

  1. 行政指導を利用し過払金を回収したケース

  2. 亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事…

  3. 財産開示請求を利用して過払金をほぼ全額回収したケース

  4. 四輪自動車間の追突交通事故で,後遺障害等級は非該当も,傷害慰…

  5. 相続人全員のハンコがなくても被相続人の預金の払い戻しを受ける…

  6. 家に住み続ける息子に家を明け渡してもらった解決事例

PAGE TOP